現代における教育の意義

日本を含め世界における教育の重要性はますます高まっています。
日本においては、旧来の義務教育や大学教育の在り方に一石を投じている識者も多いです。
なぜなら、今世界で求められている人材は過去に求められていた人材と異なっているからです。
例えば、過去の日本では、文系出身者が社会において高い地位を独占し、理系出身者は文系出身者の下の立場に位置づけられていました。
しかし、論理的思考や、数学的思考、統計学の重要性が高まり、世界のリーダーには数学的・理系的リテラシーが重要になり、それらを養う教育が世界で求められています。
実際の日本の大企業にも理系出身者のリーダーが少しづつ増え、世界的にも理系出身者が世界を支配しつつあります。
そのような世界の流れに日本はついていくことはできているのでしょうか。
答えは、否でしょう。
確かに、日本の大企業においても理系出身のリーダーは増えてきています。
しかし、世界に目を向ければ、その数はまだまだ多いとは言えず、世界の流れに取り残されている感は拭えません。
では、どうすれば世界の潮流に乗り、日本出身の世界のリーダーを増やしていくことが可能でしょうか。
そこで教育がカギとなります。
旧来の教育、特に義務教育においては、子供たちは暗記型の詰込み型の教育を受けます、皆が画一的な教育を受け、受動的な指導を受け、協調することを最重要視されているのが現状ではないでしょうか。
確かに一定期間に詰込みの学習を行う事は必須であり、誰もが通らなければならない過程です。
しかし、日本の教育は、知識を詰め込むインプット型の教育に偏重しており、より能動的なアウトプットを行う機会が世界の子供たちに比べて少ないのです。
その点が日本における教育の問題点であり、今後早急に変えていかねばならない点です。
大学入試において試験当日のペーパーテストの結果のみで合否を決めてしまうのでななく、長期的な視点で合否を決する動きも出始めています。
今後、より一層の教育の変革が求められていくでしょう。